オブラル-L(OVRAL-L)の購入ページ

PC03055

※商品画像はイメージです。パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございます。

商品名 オブラル-L
有効成分 レボノルゲストレル 0.15mg、エチニルエストラジオール0.03mg
効果 PMS・月経困難症・子宮内膜症・ニキビの治療効果
使い方 毎日決まった時間に1錠服用
副作用 頭痛、胸のむかつき、吐き気など
配送エリア 全国47都道府県可能
製造元 ファイザー
商品番号:PC03055

オブラル-L

オブラル-L(21錠)
在庫状態 : 在庫有り
¥6,000 ¥5,000
数量1箱21錠
【送料無料】オブラル-L(63錠)
在庫状態 : 在庫有り
¥18,000 ¥10,900
数量3箱63錠
【送料無料】オブラル-L(105錠)
在庫状態 : 在庫有り
¥30,000 ¥17,300
数量5箱105錠
ジェネマート:利用案内
送料無料
LINE

オブラル-Lの関連商品一覧

オブラル-Lの効果・効能

効果のある主な症状 PMS・月経困難症・子宮内膜症・ニキビの治療効果
有効成分 レボノルゲストレル (Levonorgestrel) 0.15mg、エチニルエストラジオール (Ethinyl Estradiol) 0.03mg
メーカー ファイザー(Pfizar)

オブラル-L(OVRAL-L)は、毎日決まった時間に継続して服用することで高い避妊効果を発揮する低用量ピル(経口避妊薬)です。

有効成分として、黄体ホルモン(プロゲステロン)成分であるレボノルゲストレルと、卵胞ホルモン(エストロゲン)成分であるエチニルエストラジオールが配合されています。

オブラル-L(OVRAL-L)は、日本の医療機関でも多く用いられている低用量ピル「トリキュラー」の海外ジェネリック医薬品です。

少量の女性ホルモンを補充することで、排卵を止める効果、子宮内膜の増殖を抑えて着床しにくくする作用、子宮頚管粘液を変化させて精子の子宮内への侵入を防ぐ効果が発揮され、100%に近い避妊効果を得ることができます。

また、排卵を止めて卵巣・子宮を休ませる働きやホルモンバランスを安定させる働きがあることから、女性の身体に関する様々なトラブルを改善する効果が期待できます。

服用方法・使用方法・飲み方

1回の用量 1回1錠
服用・使用タイミング 毎日決まった時間
服用・使用上限 1日1錠まで

オブラル-L(OVRAL-L)の服用方法ですが、1日1錠を毎日決まった時間に服用して下さい。

生理開始日を1日目として、21日間連続で服用して下さい。

21日間連続して服用した後、7日間の休薬期間を設けてから次のシートへ進んで下さい。

副作用

主な副作用 頭痛、胸のむかつき、吐き気、下腹部痛、動悸、めまい、乳房の張りや痛み、不正出血、眠気、倦怠感、ほてり、体重増加、肌荒れ、肝機能の異常など

オブラル-L(OVRAL-L)の副作用として、頭痛、胸のむかつき、吐き気、下腹部痛、動悸、めまい、乳房の張りや痛み、不正出血、眠気、倦怠感、ほてり、体重増加、肌荒れ、肝機能の異常などが報告されています。

また、重篤な副作用として血栓症が挙げられています。

これらのような症状が現れた場合は、服用を中止して直ちに救急医療機関を受診して下さい。

注意点

血栓症のリスクが高まる状態(身体を動かせない状態、顕著な血圧上昇、脱水など)になった場合は、オブラル-L(OVRAL-L)の服用を中止するなど適切な処置を行って下さい。

服用中に何らかの手術が必要と判断された場合は、血栓症の予防に十分配慮する必要があります。

年齢及び喫煙量により心血管系の重篤な副作用の危険性が増大するという報告があります。オブラル-L(OVRAL-L)を服用する際は、禁煙を心がけて下さい。

オブラル-L(OVRAL-L)の服用を開始する前に、血液検査、乳房の検査、子宮・卵巣を中心とした骨盤内臓器の検査などを受けて下さい。

また、服用中も定期的な検査を受けて下さい。

併用禁忌

ヤズ(Yaz)3mg+0.02mgの併用禁忌には以下のようなものがあります。

  • 本剤の成分に対する過敏症の既往歴
  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳癌、子宮内膜癌など)
  • 子宮頸癌及びその疑い
  • 診断の確定していない異常性器出血
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患又はその既往歴
  • 35歳以上で1日15本以上の喫煙者
  • 前兆(閃輝暗点、星型閃光等)を伴う片頭痛
  • 肺高血圧症又は心房細動を合併する心臓弁膜症
  • 亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある心臓弁膜症
  • 血管病変を伴う糖尿病(糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症など)
  • 血栓性素因
  • 抗リン脂質抗体症候群
  • 手術前4週以内、術後2週以内、産後4週以内及び長期間安静状態
  • 重篤な肝障害
  • 肝腫瘍
  • 脂質代謝異常
  • 高血圧(軽度の高血圧を除く)
  • 耳硬化症
  • 妊娠中に黄疸、持続性そう痒症又は妊娠ヘルペスの既往歴
  • 妊婦又は妊娠している可能性
  • 授乳婦
  • 骨成長が終了していない可能性

ニックネームは公開されます。

オブラル-L についてのレビュー(3件)

  1. 優花 より:

    生理前の気分の上がり下がりが酷くて、周りにも迷惑をかけてしまうことが多くなってきたので、悩みましたがオブラル-Lを購入しました。使い始めると、本当にびっくりするぐらい気持ちに余裕ができて、生理痛からも解放されました。私の場合は、全く副作用が出ないので、ストレス無く飲み続けることができてます。

  2. 匿名 より:

    避妊と生理不順改善のためにオブラル-L(OVRAL-L)を服用しています。始めの1ヶ月は不正出血がありましたが、その後は特に問題ありませんでした。服用を続けると、生理周期も安定し、生理前の腹痛も痛み止めを飲まなくても過ごせるようになりました。これからも継続するつもりです。

  3. ゆあ より:

    生理痛が酷く、生活に支障が出る程だったので改善出来ればと思い、オブラル-Lを購入しました。値段が安いからちゃんと効果があるのか不安でしたが、かなり改善されました!私の場合は、飲み始めの頃は副作用がありましたが、今は出なくなりました。