ルミガンで二重まぶたに?眼瞼下垂や黒ずみなど副作用の注意点も解説

ルミガンで二重まぶたに?眼瞼下垂や黒ずみなど副作用の注意点も解説

まつ毛が伸びる魔法の薬「ルミガン」。ご存知の方も多いと思います。

ここ近年で、美容のためにルミガンを使用する人が増えてきましたが、ルミガンは本来、緑内障の治療薬として開発され、その過程でまつげの成長を促す副作用が発見されたために、美容目的でも利用されるようになりました。

また、ルミガンを使用したことで二重になった?という声もチラホラ聞こえてきたりもします。

美容目的でルミガンを使用する際にはいくつかの注意点があります。筆者も実際にルミガンを使用してみた経験がありますが、その効果とともに副作用についても知っておくべきことが多いと感じました。特に眼瞼下垂やまぶたの黒ずみといった副作用は注意が必要です。

今回の記事では、ルミガンを使用して本当に二重になるのかどうかや、ルミガンの基礎知識に副作用のリスクについても詳しく解説します。

さらに、ルミガンの使用時に注意すべきポイントや、副作用を最小限に抑えるための対策もお伝えしていきます。美容目的でルミガンを検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

まつ毛の育毛剤!ルミガン
ルミガン(LUMIGAN)0.03% 3ml

ルミガン(LUMIGAN)は、元々は緑内障や高眼圧症の治療薬として開発されましたが、主成分ビマトプロストの効果がまつ毛の成長にも良い影響を与えることが発見されました。

「まつ毛の治療薬」「まつ毛の育毛剤」として、まつ毛を長く、太く、そして色の濃いものへと導き、より濃く鮮やかなまつ毛へと改善する効果が期待できます。

また、毛幹数を増やすことでまつ毛を密にし、ボリュームを増すことも期待されています。

\ 価格&利用者の口コミもチェック! /

ルミガンとは?効果や効能など基本情報を紹介

毎回まつエクをするのが大変だったり、まつ毛が貧弱になってきたと感じたりしていませんか?

また、まつエクやつけまつ毛で目元が荒れてしまう方や、自然にまつ毛を伸ばして美しい目元を手に入れたい方も多いでしょう。

ルミガンの効果や効能とは?基本情報をおさらい!

そんなまつ毛のお悩みに最も自然に答えられるのが、「ルミガン」です。

ルミガンは、睫毛貧毛症の治療に使用される医薬品「グラッシュビスタ」のジェネリック品です。先発品であるグラッシュビスタは、有効成分「ビマトプロスト」によってまつ毛を伸ばす効果が臨床研究で証明されています。

ルミガンを使用することで、自然にまつ毛を長く、濃く、美しくすることが可能です。

ルミガンの基本情報

ルミガンは、ビマトプロストを有効成分とする医薬品で、もともとは緑内障および眼圧亢進症の治療薬として開発されました。

有効成分のビマトプロストは、目の中の液体(房水)の流出を促進し、眼圧を下げる作用があります。

緑内障治療薬としての効果に加えて、ルミガンにはまつ毛の成長を促進する副作用があります。

この副作用が美容業界で注目され、現在ではまつ毛の長さやボリュームを増やすために使用されることが一般的になっています。

使用目的と効果

ルミガンは、主に以下の2つの目的で使用されます。

■緑内障および眼圧亢進症の治療

ルミガンは、目の中の房水の流出を促進し、眼圧を低下させることで、緑内障および眼圧亢進症の治療に役立ちます。高眼圧は視神経にダメージを与える可能性があり、治療しないと視力が低下することがあります。ルミガンは、定期的な使用で眼圧をコントロールし、視力の保護に貢献します。

■まつ毛の成長促進

美容目的でルミガンを使用する場合、主な効果はまつ毛の長さ、太さ、濃さを増すことです。ルミガンをまつ毛の根元に適用することで、まつ毛がより長く、濃く、そして太くなることが期待できます。約2か月の使用で効果が現れ始め、約4か月で最大の効果が得られるとされています。

これらの効果により、ルミガンは医療と美容の両面で広く使用されています。しかし、使用には副作用やリスクが伴うため、医師の指導の下で正しく使用することが重要です。

ルミガンで二重まぶたを実現する方法とは?

ルミガンを使って二重まぶたになる方法とは?

ルミガンは、緑内障の治療薬として使用される一方で、まつ毛を長く、濃くする効果があります。しかし、それだけでなく、一重まぶたが二重になることもあるという意外な副作用も稀に報告されています。

ルミガンの副作用による二重まぶたの形成

ルミガンの点眼により、まぶたの脂肪が減少することがあります。この結果、まぶたに自然な溝(しわ)ができ、ぽってりとしたまぶたが薄くなり、自然に二重まぶたが形成されることがあるんです。

まぶたの脂肪が減少し、下がっていたまぶたが上がったり、二重になることは、多くの人にとって嬉しい副作用です。しかし、ルミガンの使用を中止すると、時間の経過とともに元の状態に戻ることが多いので、必ずしも永久的な効果を期待することはできません。

ルミガンは、あくまでまつ毛の育毛として効果があり、思わぬ副産物で二重まぶたになる可能性もありますが、全ての人が必ず二重になるわけではないことを理解しておくようにしましょう。

ルミガン使用による副作用や注意点を解説

ルミガンは、まつ毛の成長促進や緑内障治療に有効な薬ですが、その使用にはいくつかの副作用や注意点があります。

ルミガン使用時の副作用や注意点とは?

以下の項目で、ルミガン使用時に注意すべき副作用とそのリスクについて詳しく説明します。

眼瞼下垂のリスク

ルミガンの使用により、眼瞼下垂(がんけんかすい)と呼ばれるまぶたのたるみが発生することがあります。

このまぶたのたるみの発生で、人によっては二重まぶたになったという方も稀にいらっしゃいます。

眼瞼下垂が起きる原因として、ルミガンが目の周りの筋肉や組織に影響を与えるということが考えられます。

眼瞼下垂が進行すると、視界が狭くなるなどの問題が生じる可能性があります。特に長期間の使用では、このリスクが高まることがありますので、定期的に医師の診察を受けることが重要です。

まぶたの黒ずみや色素沈着

ルミガンを使用すると、まぶたや目の周囲に色素沈着が発生することがあります。これは、薬の成分が皮膚に影響を与えるためで、まぶたが黒ずんだり、茶色っぽくなったりすることがあります。

色素沈着は一度発生すると、元に戻るまでに時間がかかる場合があります。このため、ルミガンを使用する際は、色素沈着のリスクを理解し、肌の変化を注意深く観察することが必要です。

色素沈着に関しては、ルミガンの塗り方などが重要になってきます。「ルミガンで色素沈着しない方法とは?原因と対策や塗り方を徹底解説!」の記事内で、色素沈着がしない方法や対策を紹介していますので、こちらも併せてご確認ください。

その他の潜在的な副作用

ルミガンの使用に伴うその他の副作用として、以下のようなものが報告されています。

■目の充血やかゆみ

ルミガンを点眼すると、目が赤く充血したり、かゆみを感じることがあります。これは一時的なものですが、症状が続く場合は医師に相談してください。

■ドライアイ

ルミガンの使用によって、目の乾燥感が増すことがあります。ドライアイの症状がひどくなると、視界がぼやけることがありますので、適切な目薬を使用するなどの対策が必要です。

■視力の変化

ごく稀に、ルミガンの使用により視力が一時的に変化することがあります。視力に異常を感じた場合は、速やかに医師に相談し、使用を中止することが望ましいです。

ルミガンの使用には多くのメリットがありますが、副作用のリスクを十分に理解し、適切な方法で使用することが重要です。使用前には必ず使い方を把握し、医療機関などで定期的なチェックを受けることで、安全に効果を持続させることができます。

ルミガンのジェネリック医薬品を3つ紹介

ルミガン自体がジェネリック医薬品ではあるのですが、さらに、ルミガンと同じ有効成分である「ビマトプロスト」を含むジェネリック医薬品も多数存在しています。

ルミガンのジェネリック医薬品を紹介!

そんなルミガンのジェネリック医薬品を3つご紹介しますね。

紹介する商品は、全て当サイト「ジェネマート」で入手可能です。個人輸入の通販サイトですので、医者や病院の処方箋なしで手に入れることができますので、是非ご参照ください。

ビマトLSアイドロップ(BIMAT-LS)

ビマトLSアイドロップ(BIMAT-LS)0.1mg 3ml

ビマトLSアイドロップ(BIMAT-LS)は、まつげ育毛剤であるルミガンやグラッシュビスタの海外ジェネリック医薬品です。

有効成分ビマトプロストを0.01%含有し、まつ毛の成長期を延長することでまつ毛の成長を促進、メラニン生成を活性化してまつ毛の色を濃くする作用も持ち合わせてます。

1日1回塗布するだけで、まつエク要らずで理想のまつ毛を手に入れることができます。

<使用方法>

1日1回片目につき1滴を専用のアプリケーターに滴下し、まつ毛の生え際部分に塗布する。

<副作用・注意点>

色素沈着、充血、かゆみ、痛み、刺激感、眼瞼溝深化、ドライアイ、角膜障害、多毛などの副作用が報告されています。

\ 価格&利用者の口コミもチェック! /

ケアプロスト(Careprost)

ケアプロスト(Careprost)3ml

ケアプロスト(Careprost)は、サン・ファーマ社によって製造されている、緑内障や高眼圧症の治療薬ルミガンのジェネリック医薬品です。

有効成分のビマトプロストがまつ毛の毛根に作用して毛周期を伸ばし、メラニン色素の産生を増加させることで、より長く、太く、そして濃いまつ毛の成長をサポートします。

元の製品であるルミガンと同じ効果で同じ有効成分を持ちながら、ジェネリック医薬品であるため、より安価な価格で提供されているの特徴でコストパフォーマンに優れた商品です。

<使用方法>

就寝前に専用アプリケーターを使用して1日1回点眼する。まつ毛が自然に休止期から成長期へと移行しやすくなるため、毎日の使用をおすすめします。

<副作用・注意点>

副作用として目の周りの色素沈着、目の充血、目やに、かゆみ、眼瞼の多毛症、目の痛み、まぶたの腫れ、カスミ目などが報告されています。

\ 価格&利用者の口コミもチェック! /

ビマトアイドロップ(Bimat)

ビマトアイドロップ(Bimat) 0.3% 3ml

ビマトアイドロップ(Bimat)は、アジャンタファーマ社が製造しているルミガン点眼液のジェネリック医薬品であり、ルミガン同様に有効成分ビマトプロストを含んでいます。

ルミガンのジェネリックとして手頃な価格で提供されているので、多くの人に支持されているまつ毛の育毛剤です。

まつげの状態でお悩みの方や、つけまつ毛やエクステンションに頼ることなく、自まつげを健康に保ちたい方には特におすすめの医薬品となります。

<使用方法>

1日1回寝る前に専用アプリケーターを使用して、上まつ毛の根元にそっと塗布。

<副作用・注意点>

色素沈着、目の充血、ドライアイ、目やに、角膜びらん、虹彩色素沈着などの副作用が報告されています。

\ 価格&利用者の口コミもチェック! /

【まとめ】ルミガンで必ず二重まぶたになるわけではないがまつ毛育毛に効果あり

今回の記事では、ルミガンで二重まぶたになるのかどうかや、ルミガンの基礎知識に副作用・注意点などを解説、ルミガンのジェネリック医薬品をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ルミガンは必ず二重にはならないがまつ毛の育毛に効果あり

結論から言いますと、ルミガンで必ず二重まぶたになるわけではありません!

しかし、ルミガンの副作用によりまぶたの脂肪が減少し、一部の方で二重まぶたになることが稀にあるようです。

まつ毛を濃く太く育毛してくれる「ルミガン」。多くの方に愛用され、美容界ではかなり有名な薬です。

ジェネリック医薬品も多数存在し、海外の通販サイトから個人輸入で手軽に処方箋なしで入手することができるようになっています。

当サイト「ジェネマート」でも、ルミガンのジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

安心宣言

ジェネマートは、100%の正規品保証に100%の商品保証をしており、24時間インターネットから気軽にいつても注文が可能となっています!

海外の通販サイトでは、正規品ではない偽物が届いたり、商品自体が届かないといったトラブルが多発しておりますので、安心・安全のジェネマートを是非ご利用ください。

ジェネマートの「まつげ育毛剤・まつ毛美容液」の商品一覧

この記事と関連の商品

この記事と同じカテゴリの記事