ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)2%/4%の購入ページ

PC00885

※商品画像はイメージです。パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございます。

商品名 ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)
有効成分 Hydroquinone(ハイドロキノン)
効果 そばかす、シミ、色素沈着改善、肝斑、美白・しわ改善
使い方 朝と夜の洗顔後に気になる箇所に薄く塗る
副作用 灼熱感、発赤、穿刺痛、乾燥、かゆみ、刺激感など
配送エリア 全国47都道府県可能
製造元 オルバ(Orva Liac San.)
商品番号:PC00885

ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)

ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)2%30g(1本)
在庫状態 : 在庫有り
¥5,000 ¥4,100
数量1本
ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)2%30g(3本)
在庫状態 : 在庫有り
¥14,800 ¥8,100
数量3本
ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)4%30g(1本)
在庫状態 : 売り切れ
¥5,300 ¥4,400
SOLD OUT
ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)4%30g(3本)
在庫状態 : 売り切れ
¥15,900 ¥8,900
SOLD OUT
ジェネマート:利用案内
送料無料
LINE

ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)の関連商品一覧

ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)の効果・効能

効果のある主な症状 そばかす、シミ、色素沈着改善、肝斑、美白・しわ改善
有効成分 Hydroquinone(ハイドロキノン)
メーカー オルバ(Orva Liac San.)

ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)は、美白効果を持つスキンケア製品です。このクリームに含まれる主要成分ハイドロキノンは、シミやそばかす、黒皮症、肝斑などの肌の色素沈着に対して効果的です。

主成分ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制し、皮膚の色素を薄くする作用があります。これは、メラニン色素を生成するメラノサイト細胞に働きかけ、メラニンの過剰生成を防ぎます。さらに、メラノサイト細胞そのものを減少させる効果も持っており、「肌の漂白剤」としても知られています。

ハイドロキノンクリームには2%と4%の2つの濃度があり、肌への美白効果は非常に強力です。元々は写真現像に使用されていた成分で、肌を白くする効果が後に発見されました。ハイドロキノンは肌のターンオーバーを助けることで、メラニンの排出を促し、シミや色素沈着を目立たなくします。

美容皮膚科では、ハイドロキノンとトレチノイン(ビタミンA誘導体)を組み合わせた治療が一般的で、肌のターンオーバーを加速させることで、より短期間での美白効果が期待できます。

ハイドロキノンクリームはビタミンCの約100倍の強力な美白効果があり、シミやそばかす、火傷跡などの色素沈着を改善することができます。また、肌の黒ずみだけでなく、乳首や乳輪の黒ずみにも効果的です。

ただし、ハイドロキノンはその強力な作用のため、使用時には注意が必要です。肌への刺激が強くなる可能性があるため、自身の肌に合った濃度の製品を選び、適切に使用することが大切です。美白効果を得るためには、約1ヶ月の継続使用で効果を実感できることが多いです。

使用方法・使い方

1回の用量 1~2回
使用タイミング 朝と夜

ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)は、美白を目的としたスキンケア製品です。このクリームは、朝晩の洗顔後に気になる部位に塗布します。使用前には顔や手をしっかりと乾燥させることが大切です。

通常、ハイドロキノンクリームは1日に1~2回、特に朝と夜のスキンケアの最後に、患部や美白を希望する部分に薄く均一に伸ばして塗ります。シミや色素沈着が目立つ部分には、スポット的に塗布することが推奨されます。また、1~2%の低濃度ハイドロキノンであれば、顔全体の塗布も可能です。

ハイドロキノンを使用している間は、紫外線による肌へのダメージに注意が必要です。紫外線対策として日焼け止め、日傘、帽子などを効果的に使用してください。また、ハイドロキノンは肌への刺激が強い成分なので、使用を始める前にパッチテストを行い、肌の反応を確認しましょう。

約60日の使用で美白効果が実感できることが多いですが、3ヶ月を超えても効果が見られない場合は、使用を一時中断し医師の診察を受けることをお勧めします。また、赤みやかぶれなどの肌トラブルが発生した場合は、すぐに使用を中止し、医療機関を受診してください。

ハイドロキノンの使用には注意が必要であり、副作用や肌の反応をよく観察しながら慎重に使用してください。

副作用

主な副作用 灼熱感、発赤、穿刺痛、乾燥、かゆみ、刺激感など

ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)の使用時には、特に肌の乾燥やピリピリとした刺激感、発赤、炎症などの皮膚反応が起こる可能性があります。

これらの症状は軽度であれば好転反応の一部であり、特に心配する必要はありませんが、副作用が強い場合や持続する場合は使用を中止し、医療機関に相談することをお勧めします。

ハイドロキノンが皮膚に与える主な副作用には、発赤、かゆみ、刺激感などが含まれます。これらの副作用は、ハイドロキノンの濃度や使用量に依存し、量が増えると症状が強まる可能性があります。

通常、これらの副作用は使用を中止すれば和らぎますが、個人差や体質によっては皮膚炎による合併症や色素沈着などの症状を引き起こすこともあります。不安や気になる症状がある場合は、医師や薬剤師に相談することが重要です。

注意点

ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)使用時の注意点は以下の通りです。

  • 日中の使用時は、最低でもSPF15以上の日焼け止めを併用してください。
  • 誤飲の危険を防ぐため、小さなお子様の手の届かない場所に保管してください。
  • 常温での保管をおすすめしますが、25度以下の涼しい環境が理想的です。
  • 初めて使用する前に、医師や薬剤師に相談し、アドバイスを受けることを推奨します。
  • 皮膚に異常を感じた場合はすぐに使用を中止し、医師の診察を受けてください。
  • ハイドロキノンは熱、光、空気に敏感な成分のため、酸化を防ぐために開封後は冷蔵庫で保管し、できるだけ1か月以内に使い切ることをお勧めします。
  • 過去にハイドロキノンによるアレルギー反応や過敏症を経験した方は、使用を避けてください。
  • アトピー性皮膚炎、敏感肌、化粧品による過去のかぶれ経験者は特に注意が必要です。
  • 妊娠中や授乳期の方は、医師に相談の上で使用を控えることをお勧めします。
  • 小さなお子様が触れないように、安全な場所で保管してください。

併用禁忌

ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT)の使用に関して以下の禁忌がありますので、注意してください。

  • ハイドロキノンまたは本剤に含まれる成分に対して過去にアレルギー反応や過敏症を経験された方は使用を控えてください。
  • アトピー性皮膚炎、敏感肌、または過去に化粧品でかぶれた経験がある方は、ハイドロキノンの使用に特に慎重になる必要があります。
  • 12歳未満の小児には医師の指示がない限り使用しないでください。
  • ウイルス、バクテリア、細菌などが原因の感染症がある患者には適していません。
  • 日焼け、怪我、乾燥などで傷ついた皮膚には使用を避けてください。

これらの点を考慮して、使用を検討してください。万が一、使用中に異常があらわれた場合は、直ちに使用を中止し、医療機関に相談することが重要です。

ニックネームは公開されます。

ハイドロキノンクリーム(EXPIGMENT) についてのレビュー(3件)

  1. めそ より:

    学生の頃に陸上競技をしていてガンガン日光に当たっていたせいか、シミやソバカスができやすく、悩んでいました。ただ、最初は赤くなって驚きましたが、そうゆう仕様で、肌の代謝を促してるようなので、そのまま使い続けたら、皮がむけてつるんとした綺麗な肌が出てきました。キメも細かい肌になったと旦那も驚いてくれて本当に嬉しいです。

  2. 深沢恵美 より:

    二度目のリピートです。相当白くなってとても感謝しております!顔にあった気になってたシミやソバカスにくすみまでファンデで隠せる状態までになりました。このまま使い続けたらかなりの美肌になれそうだと期待しています!レーザーよりも安全だし確実かと!

  3. アリエル より:

    昔から悩んでるほっぺのシミと乳首に使っています。
    ほっぺのシミのほうはそんなに変わりはありませんが、乳首のほうは劇的にピンク色になってきています。
    ほっぺのシミは15年以上悩んでいるものなので気長に使って消していこうと思います。